twitter

塾の校長に残業代を認める

神奈川県で学習塾「学樹舎」を運営する株式会社学樹社が、校長を管理職として取り扱い、時間外勤務手当を支払わないのは不当だとして、未払い賃金の支払いを求めた訴訟の判決で、横浜地裁は同社に約1,000万円の支払いを求めた。

 

裁判長は、判決理由として正社員48人中38人が管理職の扱いとなっていたことを挙げ、「管理監督者とする主張は採用できず、労働基準法に違反することは明らか」と述べた。