twitter

マクドナルド「名ばかり管理職」認め和解

日本マクドナルドに在職中の高野広志さんが、店長を管理職として扱い残業代を支払わないのは違法として、未払い残業等の支給を求めた訴訟は、東京高裁で和解が成立した。

 

同社は、一審で支払いを命じた約750万円に提訴後に生じた残業代約245万円を加えた、約1000万円の和解金を支払う。

 

さらに和解条項には、今回の訴訟を理由として店長から降格したり、配置転換や減給処分をしたりしないという項目も盛り込まれた。

 

高野さんは会見で、「グローバルな大企業相手に、一労働者の権利を認めてくれる和解ができた。現役の店長の励みになれば。」「今後も店長として働いていくつもり。やりがいのある仕事です。」などと話した。