twitter

厚生年金基金の闇

2010/11/12[ブログ]

今回スポットで相談を受けたのですが、厚生年金基金に加入している企業、とくに小規模な事業主が多数加入している基金に加入している企業は、大変な爆弾を抱えているような状況ですね。

 

主として1970年台のことではないかと思いますが、わずかな掛金で社員に報いることができるは、掛金は全額損金算入できるはで、バラ色の制度のように思えて各企業は加入したことだと思います。

 

ところが現時点では・・・

 

高い利回りを前提とした確定給付なので、この環境では当然積み立て不足が発生しその分追加負担を求められ、負担ができないからといって脱退はできず、企業はやめたくてもやめられない。

 

すでに年金を受給している世代の比率が高く、それを支える現役世代の負担は大きくなるばかり。

 

当然廃業する企業もあるので、残っている企業にますます負担がのしかかってくる・・・

 

 

follow me on twitter