twitter

社内管理体制の確立

2010/05/15[ブログ]

 

本日付で、あるクライアントの就業規則を労基署に届け出ましたが、なかなか感慨深いものがありました。

 

****************

 

こちらのお客さまは、昨年ある労務トラブルを抱えて相談にみえたのが始まり。

 

当初はルールも仕組みもなく、経営者さんの良かれと思う気持ちだけで、家族的に経営を行ってこられました。

 

それが、運悪く悪意のあるパート社員とトラブルに。

 

トラブルは、団体交渉や労働審判を経て解決。

 

次に給与計算を受託して、過去の誤りを計算し直す。

 

勤怠管理の方法を、法に照らし合わせて正しいものに変える。

 

社員全員の雇用契約の内容を洗い出し、あらたに契約書を巻き直す。

 

そして、これらの取り組みをベースに就業規則をとりまとめ、ようやく一定の社内管理体制を築き上げることができました。

 

****************

 

経営者さんはとても気持ちのいい方で、みんなに良かれと思って接していれば気持ちは伝わるだろうと思っていました。

 

それが、ここまでに色々なことを学び、きちんとした会社組織にしていかなければならないと、決意していらっしゃいます。

 

引き続き、フォローさせていただきたいと思います。 

 

follow me on twitter