twitter

就業規則改正の説明

2009/11/20[ブログ]

 

コンサルティング先で、就業規則改正にあたり各事業所を回って説明してきました。

 

今回の主な改正点は、

 

1.契約社員就業規則の制定

2.給与計算期間の変更

3.食事手当等、旧来の制度の廃止

 

1.は、従来派遣社員で対応していたのを、直接雇用のアルバイトに切り替えていくことになるので、あらたに対応する規則を制定。

 

2.は、結果として締め日から支払日までの日数が多くなるので、賞与支給があり多少でもお金に余裕のある12月に実施することとし、若干の不利益変更になるので念のため同意書を取得。

 

3.は、昔はまかない食を提供し食事代を徴収していた名残りで、食事手当を支給して同額を控除、各人が実際に頼んだ弁当代との差額は会社負担していた、という面倒な制度を社員側に不利にならないよう配慮する形で廃止。

 

 

特に異論も出ず納得してもらいましたが、既存のものを変更するにはいろいろと配慮が必要になりますね。

 

 

follow me on twitter