twitter

動機づけ

2009/09/10[ブログ]

 

サービス業のお客さまから、「担当者の指名を増やすための動機づけ施策について相談したい」とのお問い合わせがあり、打ち合わせをしてきました。

 

お客さまの頭には、賞与や昇給、正社員登用などがあったようです。

 

 

まず大事なことは、単なるニンジンのぶら下げだと思われないこと。

そのためには会社のおかれている状況や進むべき方向性をきちんと話をして、自分の仕事と会社の経営との関連付けができるようにしたうえで、会社が良くなるため=社員みんなが良くなるためにはどういうことをしていかなければならないのかを理解してもらい、そのために導入する施策だということの認識を持ってもらいましょう、とアドバイスしました。

 

 

そして、求めるものはどういう性格なのかを考慮して、それに見合った施策にしましょう、ともお話ししました。

 

結果が出るまでに時間がかかること、その状態を達成したら長く維持できそうなこと

→ 長期インセンティブ : 昇給、正社員登用 など

 

短期に結果が出ること、今回結果が出ても次回はどうなるかわからないようなこと

→ 短期インセンティブ : 歩合給、表彰、一時金 など

 

 

今回の打ち合わせ結果を社長にじっくり考えて方向性を決めていただき、次回は実行レベルの話を詰めましょうということになりました。

 

効果のある、良い制度を作りましょうね!